AFsoft WebSite(エーエフソフト・ウェブサイト)
 

オペレーティング・システムについて

プログラミングについて
ホームページについて
キャドについて
電子カタログについて
書籍・雑誌
イベント
リンク集
シェアウェア(Jw_cad専用ツール)
 
■Jw_cad専用以外のその他のシェアウェアについてはこちら
 
jwBList2 Ver.1.00 DOWNLOAD
FileSize:309,180 Bytes
(ZIP圧縮)
 
このソフトウェアは、Jw_cadで作成したJWW形式図面ファイル(*.jww)及びJWS形式図形ファイル(*.jws)内で定義されているブロック名の一覧を検索して表示・保存するためのツールです。
対応データ形式は、
・JWW形式(Ver.2.20〜7.00)
・JWS形式(Ver.2.30〜7.00)
です。
 
本ソフトウェアを起動しておき、
本ソフトウェアの画面上にJWW/JWSファイルをドラッグ&ドロップ、
[追加]ボタンでファイル選択を行い、[検索]ボタンをクリックする事
によって、検索処理を行います。
また、フォルダ指定を行う事により、そのフォルダ内に存在する
全てのJWW/JWSファイルを対象として検索処理を行う事が出来ます。
※試用版です。
Ver.1.00 2014/04/18 公開
 
JWLayMover Ver.1.05 DOWNLOAD

(タブ切替)
FileSize:361,035 Bytes
(ZIP圧縮)
 
Jw_cadデータを指定してレイヤ毎サムネイル画面を表示し、マウス右ボタンでのドラッグ&ドロップによってレイヤ移動を行う為のツールです。
対応形式は、下記のようになっています。
※JWC形式:MS-DOS版 JW_CAD 図面データ
 JWK形式:MS-DOS版 JW_CAD 図形データ
 JWW形式:Windows版 Jw_cad 図面データ
 (Ver.2.20〜7.00形式対応)
 JWS形式:Windows版 Jw_cad 図形データ
 (Ver.2.30〜7.00形式対応)
 
図面/図形データが大きくなればなるほど、ファイルの読み書きや画面表示の速度が遅くなりますので御注意下さい。画面に表示される図面/図形データは、「AFJWV」での簡易表示に相当します。画像はボックス表示されます。破線は簡易表現です。※試用版(レジストされていない場合)は、ドラッグ&ドロップは1起動3回迄と制限されています。※試用版です。
Ver.1.05 2013/09/04 更新
・内部の微調整
 
JWW仮点to実点 Ver.1.02DOWNLOAD

通常画面
 

設定画面
FileSize:344,679 Bytes
(ZIP圧縮)
 
本ソフトウェアは、Jw_cad for Windows(以下、JWWと略します)で作成したJWW形式の図面データ、JWS形式の図形データ(Ver.2.20〜7.00形式に対応)に格納されている仮点の点データ要素を 実点の点データ要素に変換するための変換ソフトです。また、逆に、実点を仮点に変更する事も可能です。
SXF対応寸法図形要素内の点データのチェック、及び、ブロック図形内の点データ要素の変換も同時に行う事が出来ます。※試用版です。
Ver.1.02 2013/07/08 更新
・実点→仮点の変換も出来るように対応しました。
 
jwsBlocking
図形ブロック化 Ver.1.00
DOWNLOAD
FileSize:307,691 Bytes
(ZIP圧縮)
 
このソフトウェアは、Jw_cadで作成したJWK形式図形ファイル(*.jwk)及びJWS形式図形ファイル(*.jws)内の要素データを1つにブロック化して変換保存するためのツールです。
 
対応データ形式は、
・JWK形式(JW_CAD V2形式)(→ Ver.4.20 JWS形式に変換)
・JWS形式(Ver.2.30〜7.00)
です。

・ファイル名をブロック名として変換保存します。
・ブロック挿入点は図形ファイルの基準点となります。
 ブロック図形内の原点(0,0)は、そのブロック挿入点となります。
・既に1つにブロック化されている場合は、何も処理せず保存されます。
・ブロック図形1要素以外に、他のデータ要素も存在する場合は、
 それらをまとめるブロック化を行って保存されます。変換保存された
 図形ファイルは、ブロック図形の中にブロック図形がある構造と
 なります。その場合、もし子ブロック図形の名前と同じになる場合は
 変換時の直前チェックに掛かり変換出来ません。
・他図形ファイルのブロック名チェックは行われません。
 同じブロック名にならないよう注意して下さい。
※変換する図形ファイルは予めバックアップを行っておく事を推奨します。
※レジストされていない場合は、
 1度に複数のファイルを変換する事は出来ません。
※試用版です。
Ver.1.00 2013/05/07 公開
 
AddCrvAttr
図形に曲線属性追加 Ver.1.01
DOWNLOAD
FileSize:275,018 Bytes
(ZIP圧縮)
 
このソフトウェアは、Jw_cadで作成したJWK形式図形ファイル(*.jwk)及びJWS形式図形ファイル(*.jws)内の要素データを1つに曲線属性化して変換保存するためのツールです。
 
対応データ形式は、
・JWK形式(JW_CAD V2形式)(→ Ver.4.20 JWS形式に変換)
・JWS形式(Ver.2.30〜7.00)
です。

・既に曲線属性を付けている場合も、曲線属性化し直します。
・既に複数の曲線属性化を行っている場合も、1つにまとめられます。
・ブロック図形内も変換します。
・曲線属性番号は「1」として変換保存します。
 (JWWにて曲線属性のついた図形を追加していくと自動的に
  曲線属性番号は 1,2,3,…と大きくなっていきます)
※変換する図形ファイルは予めバックアップを行っておく事を推奨します。
※レジストされていない場合は、
 1度に複数のファイルを変換する事は出来ません。
※試用版です。
Ver.1.01 2013/05/07 更新
・不要ブロック処理の修正
 
AFJWV Ver.1.45 DOWNLOAD
FileSize:    
1,748,833 Bytes
(ZIP圧縮)
 
Jw_cadデータを指定すると、その内容を画面に表示するためのビューワーソフトです。
対応形式は、下記のようになっています。
※JWC形式:MS-DOS版 JW_CAD 図面データ
 JWK形式:MS-DOS版 JW_CAD 図形データ
 JWW形式:Windows版 Jw_cad 図面データ
 (Ver.2.20〜7.00形式対応)
 JWS形式:Windows版 Jw_cad 図形データ
 (Ver.2.30〜7.00形式対応)
 JWクリボスデータ(*.1)
 JWV形式(本ソフトで作成出来るJWW&画像バインドデータ)
 
開いたJw_cadデータを画像ファイルとして保存したり、印刷したり、クリップボードに転送する事が可能です。※レジストしていない場合は、BMP/WMF/EMF以外への画像変換を扱う事は出来ません。また、一部の動作制限があります。
※試用版です。
Ver.1.45 2013/05/07
・保存時の不要ブロック定義データ処理の修正
 
JWW SXF的ブロック図形解除
JwwSxfBlockExp
Ver.1.00
DOWNLOAD
FileSize:286,370 Bytes
(ZIP圧縮)
 
このソフトウェアは、Jw_cadで作成したJWW形式図面ファイル(*.jww)内の、SXF部分図から変換されたと想定される部分図のブロック図形データを分解するためのツールです。
 
対応データ形式は、
・JWW形式(Ver.4.10〜7.00)(※Ver.2.20以降が開けます)
です。
★Jw_cad にて、SXF仕様ファイル(SFCファイル、P21ファイル)を開き
 そのまま JWW形式で保存を行った直後に 利用してみて下さい。
 (※それ以外での利用は推奨しません)
 SXF仕様ファイルを開くと、レイヤグループ[0]の中に縮尺1/1として
 図面枠(図面シート)、及び、図面・図形がブロック化されていて
 レイヤグループ・レイヤが他に使用されていないかのような表示に
 なります。
 Jw_cad(Ver.4.10以降)では、SXFファイルの部分図は、ブロック図形
 として開くような仕様になっています。通常、図面を編集するような
 場合には、ブロック編集を行って作業を行うか、或いは、TAB×3での
 属性取得により部分図のブロック図形の倍率を確認して縮尺をそれに
 合わせブロック分解を行い作業を行う、という事になるようです。
 本ソフトウェアは、その後者の作業を変換処理で行ってしまおう、
 というのが目的となっています。
※変換する図面ファイルは予めバックアップを行っておく事を推奨します。
※レジストされていない場合は、
 1度に複数のファイルを変換する事は出来ません。
※試用版です。
Ver.1.00 2013/02/24 公開
 
JWW寸法図形解除
JwwSunExp Ver.1.01
DOWNLOAD
FileSize:295,135 Bytes
(ZIP圧縮)
 
このソフトウェアは、Jw_cad で作成したJWW形式図面ファイル(*.jww)及びJWS形式図形ファイル(*.jws)内の寸法図形要素データを分解するためのツールです。
 
対応データ形式は、
 ・JWW形式(Ver.2.20〜7.00)
 ・JWS形式(Ver.2.30〜7.00)
です。
・寸法図形を線・文字に変換します。
・SXF寸法図形を線・文字・点マーカに変換します。
・ブロック図形内も変換します。
※変換する図面ファイル・図形ファイルは予めバックアップを行っておく
 事を推奨します。ファイルの上書きを行う場合は特に注意して下さい。
※レジストされていない場合は、
 1度に複数のファイルを変換する事は出来ません。
※試用版です。
Ver.1.01 2013/02/24 更新
・画像同梱の図面ファイルに未対応だったため修正
 
JWW図面分割印刷
jwwSepPrn Ver.1.04
DOWNLOAD

(タブ切替)

(タブ切替)

※画面はVer.1.00です
FileSize:1,616,042 Bytes
(ZIP圧縮)
 
1ファイル内に複数の図面を作成している場合、それらを「PaperSepa」及び「Jww1ren」の手法により、図面分割を行い、連続印刷(一括印刷)するためのソフトウェアです。
Jw_cad (for Windows)データ(JWW形式ファイル)を1つ又は複数指定可能です。
 
※JWW形式:Windows版 Jw_cad 図面データ(2.20〜7.00形式対応)扱える参照画像ファイル形式は、WMF/EMF/BMP/JPEG/GIF/PNG/TIFFのみ
※試用版では印刷可能な図面ファイルの数は2個まで、1ファイル内の図面数は4個まで、に制限されます。それ以外については通常状態と同じです。
※試用版です。
Ver.1.04 2012/11/24 更新
・印刷設定のプリンタ名、及び、プリンタ設定のうち
 用紙サイズ,印刷方向,印刷倍率,印刷品質,
 モノクロ/カラー,両面印刷 の情報を保存・読み込み出来るよう追加
 (上記以外の各種詳細設定は、
  Windowsコントロールパネル→プリンタにて設定しておいて下さい)
 (※プリンタ機種・プリンタドライババージョンによっては
   設定保存・読み込みが出来ない可能性はあります)
・上記により、外部変形による実行時は、[設定]は[設定]のみ、
 [実行]は [実行](分割・印刷)のみ行うようにしました。
・外部変形による[実行]の場合は、直ぐに Jw_cad 操作に戻るよう
 バッチファイルを変更しました。Jw_cad操作に戻ってすぐ図面修正等を
 行った場合、本アプリケーションによる分割・印刷に反映しない
 可能性がありますので御注意下さい。
・その他、微調整
 
JWW図面ファイル連続印刷
jwwRPrint Ver.1.04
DOWNLOAD

(タブ切替)

(タブ切替)

(タブ切替)
FileSize:1,371,449 Bytes
(ZIP圧縮)
 
Jw_cad (for Windows)データ(JWW形式ファイル)を複数指定し、それらを連続印刷(一括印刷)するためのソフトウェアです。
 
本ソフトウェアのショートカットを作成しておき、そのショートカットに図面ファイルをドラッグ&ドロップするか、又は、本ソフトウェアを起動しておき、本ソフトウェアの画面上に図面ファイルをドラッグ&ドロップするか、又は、本ソフトウェアを起動して[ファイル指定]タブの[追加]ボタンをクリックして図面ファイル選択をする事によって印刷する図面ファイルを指定する事が出来ます。
 
各種設定を行い、[印刷開始]をクリックすると、印刷が開始されます。※レジストしていない場合は、印刷可能な図面ファイルの数は2個までに制限されます。それ以外については通常状態と同じです。
※JWW形式:Windows版 Jw_cad 図面データ(2.20〜7.00形式対応)扱える参照画像ファイル形式は、WMF/EMF/BMP/JPEG/GIF/PNG/TIFFのみ
※試用版です。
Ver.1.04 2012/11/15 更新
・補助線を印刷しない設定にしているのに
 ブロック内の補助線が印刷される場合がある不具合を修正
 
Jww7to6 Ver.1.06DOWNLOAD
FileSize:737,837 Bytes
(ZIP圧縮)
 
Jw_cad 7.00シリーズ(以下、JWWと略します)で作成した Ver.7.00形式のJWW図面データ・JWS形式の図形データを、旧バージョンデータ形式(Ver.6.00/4.20/3.51/3.00形式)に変換するためのソフトウェアです。
※試用版です。
 
★同梱指示されている画像文字列は、通常の画像文字列に変換されます。(「%temp%」が除去されます。ファイル名はそのままとなります)
★JWW形式で画像同梱が行われている場合、画像ファイルを取り出して同じ保存先に画像ファイルを生成します。圧縮されている場合には自動的に解凍が行われます。※同じ名前の画像ファイルが既に存在する場合は、上書き保存され、以前の画像ファイルは消去されますので御注意下さい。
 
Ver.1.06 2012/07/14 更新
 ・Jw_cad の 設定→基本設定→色・画面 での基本線色の
  色・線幅・点半径の内容に入力可能範囲以外の値が
  あった場合には、修正を行います。
  背景色・グレー色に対しても同様に行われます。
  を追加
Ver.1.05 2010/06/29 更新
・展開した画像が33バイト以下なら異常データとして削除するよう追加
・展開したBMP画像データが開けない場合には
 異常データとして削除するよう追加
 (※BMP画像を一時的に開くチェック動作を追加している為、
  その分、変換速度が遅くなりますので予め御注意下さい)
・検索フォルダ指定時、JWW形式ファイルを表示するよう追加
・以前は Ver.3.51以前の旧バージョンのファイルを選択した場合
 変換処理は行いませんでしたが、旧バージョンでも
 画像同梱文字状態になっている可能性があるため、変換するよう修正
 
JwwUnion Ver.1.10 DOWNLOAD

(タブ切替)

(タブ切替)
FileSize:358,090 Bytes
(ZIP圧縮)
 
Jw_cad で作成した Ver.2.20〜7.00形式の JWW形式図面データファイルを対象とし、複数の図面ファイルを合体させて1つの図面ファイルに合成するためのソフトウェアです。
 
縮尺はベース図面ファイルの状態をそのまま保持します。設定により、合体ファイルの非表示レイヤを合体させるか否か・表示のみレイヤを合体させるか否かを指定する事が出来ます。
ベース図面ファイルの特定のレイヤグループ/レイヤへ合体させる事が可能です。(無指定の場合は、元レイヤ状態)また、線色を指定する事により、線色変更を行って合体させる事も可能です。(無指定の場合は元線色状態)図寸状態での合体(Jw_cad での複写コマンド風)及び実寸状態での合体(Jw_cad でのコピー&貼付コマンド風)が可能です。後者の場合「文字も倍率」「点マーカも倍率」の指定があります。補助線色の文字で「基準点文字」を予め図面に作図しておくと、その文字の左下点を合体の際の基準点として利用出来ます。この文字要素はブロック化しないで下さい。合体処理の後に、寸法図形を解除させる事が出来ます。合体処理の後に、環境設定ファイル(JWF)を適用する事が出来ます。これにより線色・線幅・線種等の設定が行えます。
※試用版です。
Ver.1.10 2012/03/13 更新
・保存図面ファイルの図面メモの上段・下段の切り分けが出来なかった件を修正
 
Ver.1.09 2012/01/12 更新
・Ver.1.08で追加した左右抽出合体処理を取り止め
 抽出を行わず、基準点文字を基準として
 図面全体をそのまま合体させるよう修正
・「設定」ページに
   □基準点文字が3個以上の場合のチェックを行う
    (※オフ:3つ以上も無確認で許可)
  を追加
 
JwwPapCut Ver.1.04
  Jww用紙範囲外削除
DOWNLOAD

 
FileSize:314,434 Bytes
(ZIP圧縮)
 
Jw_cad (for Windows)(以下、JWWと略します)で作成したVer.2.20〜7.00形式の JWW形式図面データファイルを対象とし、その図面ファイルで登録されている用紙サイズによる用紙範囲外の各種図形データを削除するためのソフトウェアです。※試用版です。
 
JWWで図面を作成する際、用紙範囲内に図面を作図し、用紙範囲外を作業用領域として図形や線色・線種一覧など図形コピーや属性取得等でよく利用するものを登録しておく場合があります。しかし、図面データが完成した後、客先・取引先等へ図面データを渡す場合には、それら作業用データがあると不味い場合も多々あります。図面を保存する直前に、JWWにて範囲外削除を行うという手段もありますが、図面データ数がかなり多くなると確認作業や削除を行う作業等も大変になってきます。そこで、このソフトウェアは、複数選択指定した図面データを対象として、用紙範囲外にある図形データを一括して削除・変換してしまおう、というものです。
 
★変換元のオリジナルの図面データを削除してしまわないよう
 注意して下さい。上書きしてしまうと元に戻せません!
 最悪のケースを考慮し、予め、バックアップを残しておく事を
 推奨します。
 
Ver.1.04 2012/03/13 更新
・JWW図面ファイルの図面メモの上段・下段の切り分けが出来なかった件を修正
 
JwwSXF線色・線種設定コピー
JwwSxfCopy Ver.1.01
DOWNLOAD
AFWordsの画面
FileSize:278,697 Bytes
(ZIP圧縮)
 
Jw_cad (for Windows)(以下、JWWと略します)において [コピー]&[貼付]を行う際、コピー元の図面にて、SXF対応拡張線色・線種のユーザー定義線色・ユーザー定義線種で作図された線データ等が存在する場合、コピー先で[貼付]を行うと意図しない線色・線種で描画される場合があります。本ソフトウェアは、JWWにて [コピー]&[貼付]を行い保存した後、コピー元図面ファイルから、コピー先図面ファイルへ、SXF対応拡張線色・線種のユーザー定義線色・ユーザー定義線種の設定情報をコピーする事によって、コピー先のJWW図面ファイルをコピー元と同じ線色・線種に合わせようというツールです。※試用版です。
 
Ver.1.01 2012/03/13 更新
・コピー先ファイルの図面メモの上段・下段の切り分けが出来なかった件を修正
 
JwwMemoXls Ver.1.00DOWNLOAD
AFWordsの画面
FileSize:280,436 Bytes
(ZIP圧縮)
 
本ソフトウェアは、Jw_cad (for Windows)(以下、JWWと略します)等にて作図編集し保存したJWW形式図面ファイルを選択し、その図面メモ内容を取得、それをエクセルファイル(*.xls)として保存を行います。また、その逆に、予め作成しておいたエクセルファイル(*.xls)によるJWW形式図面ファイルと図面メモ内容の一覧を読み込んで、そのJWW形式図面ファイルの図面メモ内容を変更する事が出来ます。Ver.2.20〜7.00形式の JWW形式図面ファイルを対象とします。※試用版です。
 
Ver.1.00 2012/03/09 公開
 
JWをこらだ Ver.1.0 DOWNLOAD
FileSize:310,310 Bytes
(ZIP圧縮)
 
このソフトウェアは、Jw_cad (for Windows)で作成した図面データ及び図形データを COLLADA (*.dae)ファイルに変換するためのツールです。対応データ形式はJWC形式、JWK形式、JWW形式(Ver.2.20〜7.00)、JWS形式(Ver.2.30〜7.00)です。全て2Dです。(※JWWの2.5Dではありません)
 
主な作成目的は、Google SketchUp8 Free にて DXFインポート機能が除外されたため、その代替手段として、COLLADA(*.dae)にてデータの受け渡しを行おう、というものです。また、COLLADA(*.dae)入力の可能なアプリケーションであれば、同様にJWファイルを変換することによってデータ受け渡しが可能になる、かもしれません。
 
本ソフトウェアのショートカットを作成しておき、そのショートカットにJWファイルをドラッグ&ドロップするか、又は、本ソフトウェアを起動しておき、本ソフトウェアの画面上にJWファイルをドラッグ&ドロップする事によって、ファイル変換を行います。
※試用版です。
Ver.1.0 2011/07/18 公開
 
JWぱら漫画 Ver.1.02
(JWparama)
DOWNLOAD
FileSize:645,450 Bytes
(LHA自己解凍圧縮)
 
Jw_cadで作成したファイルを指定し、レイヤ毎に表示して「ぱらぱら漫画」のようにアニメーションGIFファイルを作成するためのツールです。
対応形式は、下記のようになっています。
※JWC形式:MS-DOS版 JW_CAD 図面データ
 JWK形式:MS-DOS版 JW_CAD 図形データ
 JWW形式:Windows版 Jw_cad 図面データ
 (Ver.2.20〜7.00形式対応)
 JWS形式:Windows版 Jw_cad 図形データ
 (Ver.2.30〜7.00形式対応)
 JWクリボスデータ(*.1)
 JWV形式(AFJWVで作成出来るJWW&画像バインドデータ)
 
表示されるJWファイルは、AFJWVでの簡易表示画面と同等となります。※試用版です。
 
Ver.1.02 2011/05/09 更新
・傾きのある楕円形円外ソリッド図形の画面描画を微調整
 
JW文字抽出2 Ver.1.05DOWNLOAD

通常画面
 

設定画面
FileSize:421,274 Bytes
(LHA自己解凍圧縮)
 
JW_CAD(DOS版 JW_CAD)で作成したJWC形式の図面データ、JWK形式の図形データ、及び、Jw_cad for Windows(JWW)で作成したJWW形式の図面データ、JWS形式の図形データ(Ver.2.20〜7.00形式に対応)に格納されている文字内容を抽出し、それをコピー(クリップボード送信)したり、起動中のJWWへコマンド送信を行う事によって文字記入を行わせたりするためのソフトウェアです。
※試用版です。
Ver.1.05 2010/05/30 更新
・JWW Ver.7.00形式対応
・微調整
 
JW文字種変更 Ver.1.01DOWNLOAD

通常画面
 

設定画面
FileSize:381,116 Bytes
(LHA自己解凍圧縮)
 
JW_CAD(DOS版 JW_CAD)で作成した JWC形式の図面データ、及び、Jw_cad for Windows(以下、JWWと略します)で作成した JWW形式の図面データ(Ver.2.20〜7.00形式に対応)に格納されている文字種1〜10の設定、及び、各文字・寸法データの文字種コードの設定を変更するための変換ソフトです。
 
データ変換後、図面上、見た目の違いはありません。文字の大きさや色は変更されません。※試用版です。
Ver.1.01 2010/05/30 更新
・Jw_cad Ver.7.00のデータ形式(画像同梱含む)に対応しました。
 
JWW印刷色変更 Ver.1.01DOWNLOAD

通常画面
 

設定画面
FileSize:379,931 Bytes
(LHA自己解凍圧縮)
 
本ソフトウェアは、Jw_cad for Windows(以下、JWWと略します)で作成したJWW形式の図面データ(Ver.2.20〜7.00形式に対応)に格納されている、通常の線色1〜線色8のプリンタ出力要素色の設定を変更するための専用データ変換ソフトです。グレー色、背景色、SXF対応拡張線色などは変換対象となりません。JWC/JWK/JWS/及びその他の形式のファイルは変換対象となりません。※試用版です。
 
※なお、これらの設定を変更したファイルを開く際には、JWWの設定→基本設定[一般(1)]タブの「ファイル読込項目 □線色要素〜」にチェックを入れてある必要があります。(Jw_win.jwf のS_COMM_1のGの1の位が「1」)
Ver.1.01 2010/05/30 更新
・Jw_cad Ver.7.00のデータ形式(画像同梱含む)に対応しました。
 
JWレイヤ分割複写 Ver.1.01DOWNLOAD

通常画面
 

設定画面
FileSize:387,955 Bytes
(LHA自己解凍圧縮)
 
本ソフトウェアは、JW_CAD(DOS版 JW_CAD)で作成した JWC形式の図面データ、及び、Jw_cad for Windows(以下、JWWと略します)で作成した JWW形式の図面データの各データ要素をレイヤグループ別に分割し、別々の図面データファイルとして変換・保存するためのソフトウェアです。
1ファイル内に複数の図面ファイルをレイヤグループ別に作成している場合、それを別々のファイルとして変換したい場合に利用する事が出来る事を目的としています。
1図面=1レイヤグループ、だけでなく、1図面=2つずつのレイヤグループ、3つずつのレイヤグループ、4つずつのレイヤグループの場合にも対応可能です。[F]レイヤグループは 1/1の用紙枠として利用される事が多いため、このFレイヤグループは必ず含めるようにする、という事も可能です。※試用版です。
 
※なお、レイヤグループをずらして保存するという機能はありません。中身が空の図面データファイルを作成する場合があります。不要な図面データファイルは、確認後、削除する等を行って下さい。
Ver.1.01 2010/05/30 更新
・Jw_cad Ver.7.00のデータ形式(画像同梱含む)に対応しました。
 
JWW印刷倍率変更 Ver.1.01DOWNLOAD

通常画面
 

設定画面
FileSize:377,077 Bytes
(LHA自己解凍圧縮)
 
本ソフトウェアは、Jw_cad for Windows(以下、JWWと略します)で作成したJWW形式の図面データ(Ver.2.20〜7.00形式に対応)に格納されている、プリンタ出力倍率(印刷倍率)、プリンタ90°回転出力、プリンタ出力基準点の設定を変更するための専用データ変換ソフトです。JWC/JWK/JWS/及びその他の形式のファイルは変換対象となりません。
※試用版です。
 
※なお、これらの設定を変更したファイルを開く際には、JWWの設定→基本設定[一般(1)]タブの「ファイル読込項目 □描画・印刷状態」にチェックを入れてある必要があります。(Jw_win.jwf のS_COMM_1のGの10の位が「1」)
Ver.1.01 2010/05/30 更新
・Jw_cad Ver.7.00のデータ形式(画像同梱含む)に対応しました。
 
JWレイヤ番号変更 Ver.1.02DOWNLOAD

通常画面
 

設定画面
FileSize:402,906 Bytes
(LHA自己解凍圧縮)
 
JW_CAD(DOS版 JW_CAD)で作成した JWC形式の図面データ、JWK形式の図形データ、及び、Jw_cad for Windows(以下、JWWと略します)で作成した JWW形式の図面データ、JWS形式の図形データ(Ver.2.20〜7.00形式に対応)に格納されている各データ要素のレイヤ番号を 指定した番号に設定変更するための変換ソフトです。
※試用版です。
Ver.1.02 2010/05/30 更新
・Jw_cad Ver.7.00のデータ形式(画像同梱含む)に対応しました。
 
JWレイヤ名設定 Ver.1.02DOWNLOAD

通常画面
 

設定画面
FileSize:393,626 Bytes
(LHA自己解凍圧縮)
 
JW_CAD(DOS版 JW_CAD)で作成した JWC形式の図面データ、及び、Jw_cad for Windows(以下、JWWと略します)で作成した JWW形式の図面データ(Ver.2.20〜7.00形式に対応)に格納されているレイヤグループ及びレイヤの名前を ある一定のものに強制的に設定変更するための変換ソフトです。現在のレイヤ名は考慮されませんので注意して下さい。また、JWWでDXF保存をする際に線種名のエラーが出てしまうのを防ぐ為、SXF対応拡張ユーザー線色・線種の名前をある一定のものに強制的に設定変更する事も出来ます。※試用版です。
 
Ver.1.02 2010/05/30 更新
・Jw_cad Ver.7.00のデータ形式(画像同梱含む)に対応しました。
 
JWレイヤ状態設定 Ver.1.02DOWNLOAD

通常画面
 

設定画面
FileSize:392,070 Bytes
(LHA自己解凍圧縮)
 
JW_CAD(DOS版 JW_CAD)で作成した JWC形式の図面データ、及び、Jw_cad for Windows(以下、JWWと略します)で作成した JWW形式の図面データ(Ver.2.20〜7.00形式に対応)に格納されているレイヤグループ及びレイヤの状態(書込みレイヤ、編集可能レイヤ、表示のみレイヤ、非表示レイヤ、プロテクトレイヤ)の情報を変更するための変換ソフトです。
※試用版です。
 
Ver.1.02 2010/05/30 更新
・Jw_cad Ver.7.00のデータ形式(画像同梱含む)に対応しました。
 
JWW文字フォント変換
Ver.1.02
DOWNLOAD

通常画面
 

設定画面
FileSize:402,691 Bytes
(LHA自己解凍圧縮)
 
Jw_cad for Windows(JWW)で作成した JWW形式の図面データ・JWS形式の図形データ(Ver.2.20〜7.00形式に対応)に格納されている文字要素のフォント名を変更するための変換ソフトです。
 
ブロック図形内の各要素や寸法図形要素内の寸法値のフォント名も設定によって変換する事が出来るようになります。(ブロック図形・寸法図形は解除されずそのまま変換可能です)※試用版です。
 
Ver.1.02 2010/05/30 更新
・Jw_cad Ver.7.00のデータ形式(画像同梱含む)に対応しました。
 
Ver.1.01(2007/02/04)更新
・[Font確認]ボタン、メニュー「表示(V)」→「フォント確認(F)」を追加
 指定しているJWWファイルでどんなフォントを使っているかを確認表示
 出来るようにしました。
 
JW色線幅・線種変換
Ver.1.03
DOWNLOAD

通常画面
 

設定画面
FileSize:397,483 Bytes
(LHA自己解凍圧縮)
 
Jw_cad for Windows(JWW)で作成した JWW形式の図面データ・JWS形式の図形データ(Ver.2.20〜7.00形式に対応)に格納されている各要素の線色・線種・線幅を変更するための変換ソフトです。
 
ブロック図形内の各要素や寸法図形要素内の各要素の線色・線種・線幅も設定によって変換する事が出来るようになります。(ブロック図形・寸法図形は解除されずそのまま変換可能です)※試用版です。
 
Ver.1.03 2010/05/30 更新
・Jw_cad Ver.7.00のデータ形式(画像同梱含む)に対応しました。
 
Ver.1.02 2009/01/16 更新
・指定した図面・図形ファイルの要素の
 線色値がイレギュラー値({1〜9,101〜356}以外)の場合、
  線色1に
 線幅値がイレギュラー値({0〜30000}以外)の場合、
  線幅「0」(基本線幅)に
 線種値がイレギュラー値({1〜9,11〜19,31〜62(46を除く)}以外)の場合、
  線種1(実線)に
 変換するよう追加
 (設定、寸法図形、ブロック図形、を変換対象と
  していない場合は変換されませんので御注意下さい)
 
Ver.1.01(2007/01/25)更新
・メニュー「設定」に「現在の設定を保存」「保存した設定を開く」を追加
・[JWW/JWS設定]内にボタン[現在の設定を保存][保存した設定を開く]を追加
 
※上記ダウンロードはVer.1.00試用版です
 
JWクリボス Ver.1.15 DOWNLOAD
FileSize:545,898 Bytes
(LHA自己解凍圧縮)
 
Jw_cad for Windows(JWW)で切取/コピーされるJWWクリップボードを監視して、クリップボード図形を複数保管し、切り替えて利用するためのツールです。切り替えた後はJWWで再度[貼付]をクリックして下さい。本ソフトで図形を指定する前には必ず、JWW上で一度、切取/コピーを行って下さい。※エラーする場合には運用を中止してください。
 
※インストールするフォルダは、多くの一時ファイルを作成・保存しますので、十分な空き容量がある事を確認しておいて下さい。
※試用版のダウンロードが出来ます。試用版では設定が保存出来ない等の制限があります。以前の試用版で充分の方は御利用に注意して下さい。以前のバージョンに戻す場合には、一旦、本ソフト(exe,dll)を削除してから旧バージョンのインストールを行って下さい。
※試用版です。
 
クリボス外変サンプル01
FileSize:1,046,171 Bytes(LHA自己解凍圧縮)
・クリボス外変機能により作成される一時ファイルを見る(見て変更する)だけの簡単なサンプルプログラムです。Borland Delphi4J、EXE・ソース付。
クリボス外変サンプル01a
FileSize:422,870 Bytes(LHA自己解凍圧縮)
・クリボス外変機能により作成される一時ファイルを見る簡単なサンプルプログラムです。選択データを抽出する(絞り込む)サンプルと、円/点/文字/ブロックの一覧表CSVファイル作成を行うサンプルです。Borland Delphi4J、EXE・ソース付。
クリボス外変サンプル02
FileSize:824,352 Bytes(LHA自己解凍圧縮)
・一時ファイルのヘッダだけを見て図形を作図する簡単なサンプルプログラムです。図寸で図形を作図するサンプル、実寸で図形を作図するサンプル、ブロック図形として作図するサンプルです。Borland Delphi4J、EXE・ソース付。
クリボス外変サンプル03
FileSize:601,145 Bytes(LHA自己解凍圧縮)
・図形を変更する簡単なサンプルプログラムです。図形のレイヤを変更するサンプル、図形の線色を変更するサンプル、図形の線種を変更するサンプルです。Borland Delphi4J、EXE・ソース付。
クリボス外変サンプル04
FileSize:417,217 Bytes(LHA自己解凍圧縮)
・図形を追記する簡単なサンプルプログラムです。図形を読み取って点や線、円弧、文字を追加作図するサンプルです。Borland Delphi4J、EXE・ソース付。
クリボス外変サンプル05
FileSize:434,276 Bytes(LHA自己解凍圧縮)
・ブロックを操作する簡単なサンプルプログラムです。ブロックツリーを表示してブロック要素の情報を表示・変更するサンプル、ブロックツリーを表示してブロックを入れ替えるサンプルです。Borland Delphi4J、EXE・ソース付。
※プログラム修正・再構築する前に、メニュー「プロジェクト」→「オプション」 「ディレクトリ/条件」頁でディレクトリ設定を状況に応じて変更して下さい。
 
Ver.1.15 2010/01/04 変更
・Jw_cad Ver.7.00形式に暫定対応
 Ver.7.00データ形式のファイル構造は現在非公開のため暫定対応です。
 
※Jw_cad Ver.7.00にて新規追加「画像同梱」された図形をクリップボード
 に取り込み、貼り付けた際に、画像が表示されない場合、Jw_cad にて
 そのまま保存を行うと、次回にその図面ファイルを開く際、サムネイル表示
 の時に強制終了される場合があります。リスト表示を行う事で避ける事は
 可能ですが、そのファイルを開こうとすると「予期しないファイル形式です」
 というエラーメッセージが表示されて、図面ファイルを開く事が出来なく
 なります。
 これは、JWクリボスの不具合ではなく、Jw_cad Ver.7.00β〜7.00a の不具合
 ですが、特に注意して下さい。
 
JwwMenu Ver.1.09  DOWNLOAD
FileSize:530,947 Bytes
(LHA自己解凍圧縮)
 
Jw_cad for Windows(JWW)用のメニューソフトです。SendKeyでコマンドを送る事によって、JWWを操作しようという目的のソフトウェアです。また、タブ式のJWW起動/切替も行えます。※試用版です。
 
Ver.1.09 2009/11/23 修正
・コマンドキーにて、特殊キーの回数指定が出来るよう追加しました。
  「{TAB 3}」
  のように、半角空白+押し回数の指定も可能です。
 
JwWatch Ver.1.01 DOWNLOAD

JwWatch
 

JwWatchList
FileSize:788,398 Bytes
(LHA自己解凍圧縮)
 
LAN環境で Jw_cad for Windows(JWW)を利用する際、どのパソコンでどんな図面ファイルを開いて作業しているのかを監視するためのソフトです。
 
各PCで「JwWatch」を実行させておき、JWWを実行すると、「JwWatch」は JWWでどんな図面ファイルを開いたのかを検索し、その状態をテキストファイルとして作成します。
監視用PCで「JwWatchList」を実行させておくと、「JwWatch」で作成したテキストファイルを読み込み、それを画面に表示します。これにより、監視用PCでどのPCでどんな図面ファイルを開いているのかをチェックする事が出来ます。※試用版です。
※このソフトは、システムに常駐して動作される常駐ソフトではありません。必要であれば、便宜に応じて、Windowsのスタートメニューのスタートアップにショートカットを作成する等を行って下さい。
 
Ver.1.01 2008/02/17
・JwWatchList に「□同一メッセージ表示」チェックを追加
 このチェックを入れている場合、共有フォルダ内の図面ファイルを開け
 た際 別のPCで既に開けている場合、メッセージ画面を表示します。
 ※本PC、別PCにて、JwWatchを起動している必要があります。
 ※メッセージ画面表示は添付のサブプログラム「JwWatchMessage.exe」
  実行となります。
 ※本PC、別PCでネットワークコンピュータ(マイネットワーク)内の
  \\(PC名)\(共有フォルダ名)\〜 内を開いた場合にのみ有効です。
  別PC/HDD内のフォルダを共有しており、その別PCでローカルフォルダ
  内を直接開いている場合には、感知出来ません。
 
 
GetName DOWNLOAD
2007/05/11 FileSize:298,496 Bytes
(非圧縮)
 
コンピュータ使用者名・ネットワークコンピュータ名を取得するためのツールです。コンピュータ名が分からないという場合に利用して下さい。
 
※上記を利用する場合、利用者の責任の上で行って下さい。上記を利用する事により損害等が生じた場合、当方はいかなる保証も行いません。また、上記についての質問・要望等には応じられませんので、予め御了承下さい。
※上記でダウンロード出来るのは試用版となっており、正規版とは異なり一部制限があります。詳細につきましては同梱のテキストファイルに記述してありますのでそちらを御覧下さい。
※実際に使用してみて気に入って下さった場合、及び、同梱テキストファイルの内容を承諾していただいた場合にレジストして頂ければと思います。強制等は一切行いません。御自由に御判断下さいませ。
※レジストにつきましては同梱テキストファイルに記載しておりますように郵便振替となっておりますが、郵便振替をされてから当方に払込通知が届くまでに最低2〜3日は掛ります。郵便振替をされた直後に当方へ通知される訳ではなく当方からの御連絡メールは通常3,4日後となります。予め御了承の程何卒宜しくお願い致します。
バッチファイル
BASIC
C言語のお勉強
拡張子な話
DOSプログラム
Delphi
シェアウェア
 Jw_cad専用
 その他
使用者名・会社名・PC名について
複数レジストの際には
Script!World
データベース
 
お問い合わせ 
本サイトはリンクフリーです
リンクバナー
(C)Copyright 1999-2015 By AFsoft All Rights Reserved.